逆SEOとはどのようなものでしょうか。

検索した際に、サイトが上位に表示されるように工夫を施す方法がSEOですが、それと真逆のことを行うのが逆SEOです。ある特定のページについてその検索結果の順位を下げるために行われる工夫で、リバースSEOとも呼ばれています。元々は、企業の風評被害への対策として行われ始めました、技術的にはSEOの知識さえ持っていれば、その反対のことを行えばよいので、比較的容易に行うことができます。その後、だんだんとライバル企業の検索順位を下げることや、様々な理由からサイトを見られたくないという人達によって悪用されるようになってきます。例えば、特定のキーワード検索で該当するサイトよりも上位に来るページを大量に作成することによって、その検索順位を落とす方法や、低評価のページを沢山作って、対象となるページの被リンクを貼ることで順位を落とす方法等が用いられています。

逆SEO対策について

逆SEO対策とはどのようなものかと言えば、SEOの逆、つまり該当ページを上位にもってくるSEOの反対で、検索結果を下げるための手法で、リバースSEOとも言います。具体的には、SEOが検索結果が大よそ10位以内の上位表示やトップ表示を達成することを目的としているのに対して、リバースSEOの場合には11位以下、なるべく下位に落としていくというのが目標になってきます。その方法は様々ありますが、一般的な方法のひとつとして、ターゲットとなるキーワードで検索した時に、該当ページを除く他のURL群に対して、外部からのSEO対策を施すことで、それらの順位をあげ、対象の該当ページの順位を下げるということ行います。一般的には、該当ページに対する被リンクによる外部SEO対策は、一時的には順位を落とせても、それは短期的なことになることが多いため、行われていないようです。

逆SEOのメリットとは

逆SEOのメリットとは、ネット上に書かれた中傷、すなわち風評被害を防ぐことにあります。今の社会はネット社会であり、子供から大人まであらゆる層が毎日、ネットを閲覧しています。その中で、企業にとって根拠のない中傷などを掲示板やブログに書かれることほど、嫌なことはないです。そういった根拠のない中傷などを掲示板やブログ書かれたサイトを意図的に検索結果の順位を引き下げることで、風評被害を防ぐことができます。たいていの人は、検索エンジンでキーワードを入力しても、検索ページは1ページ目までくらいしか閲覧しなく、2ページ目以降は閲覧する人は極端に減っていきますので、意図的に下位ページまで根拠のない中傷などを掲示板やブログ書かれたサイト引き下げることができれば、ほとんど閲覧者の目に留まることがないのです。これが、逆SEOのメリットであります。

1歳児コースから年長児コースまで、受験を見据えた教育を行います。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 「いつもは出来るのに、本番では出来なかった」なんてことのないように独自の工夫をしています。 小学校受験では子どもの資質と同様に重視される面接も伸芽会が徹底サポート。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 国立小学校の受験を考えている方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

逆SEOってなんだろう