ページの順位を下げる逆SEO

特定のページを、検索結果の上位に表示させるSEOの反対に、様々な理由から特定のページを、検索結果の下位に下げようとするのが逆SEOです。これはリバースSEOとも呼ばれています。これが行われる理由としては、特定の企業や個人に対して、悪評や風評被害をもたらしているサイトを検索エンジンから除外、あるいはなるべく検索結果に表示されないようにしたいという需要があるためです。例えば、ある商品を出している企業があって、その商品に対して風評被害によって悪評が書かれたサイトやブログが発生した場合に、企業としては、そうしたものが検索結果には表示されないようにしたいわけです。そうした場合に、例えば、そうしたサイトの悪質さが証明できるのであれば、検索エンジンの会社に申請して、検索結果から除外してもらったり、あるいは悪評が書かれていないサイトに外部SEOを仕掛けて検索上位に持ってくるようにしたりします。

不当な悪評に対抗出来る逆SEO。

逆SEO対策とは、SEOのノウハウとテクニックを駆使し、その正反対の効果を与えるものです。ネット掲示板による風評被害に悩んでいる経営者には必須のサポートサービスになります。自社の製品に対する正当なクレーム、それには耳を傾ける必要がありますが、ただ名前が似ている製品、企業に対する悪口や悪評に対応する必要は無いです。しかしネットユーザーの視点から見ると、名前が似ている企業とサービスは、ほぼ同一の存在になります。例えば自社製品がX、全く関係が無い企業がXYという製品を販売していた場合、どうしてもユーザーは同一視してしまう事でしょう。XYへの悪評がネット上で伝言ゲームのように、自社製品Xへのバッシングに変わってしまう恐れもあります。自社への不当なバッシング、クレームを防止したいなら専用のサポートサービスに頼りましょう。

悪質なまとめブログ対策に効果的な逆SEO。

最近では多くの企業や組織が、逆SEOサービスを利用しています。その理由として挙げられるのが、ネット上に山積する悪評サイトの存在です。ネット上に存在するホームページの大多数は、無害な物になります。しかし、一部に特定組織に対する不当なバッシングを進めるページがあるのです。最近では情報収集のために、まとめブログをチェックするユーザーも増えました。まとめブログはとても便利なツールですが、やはりごく一部に事実に基づかないバッシングやスキャンダルを掲載する物があります。自分の管理しているビジネスや組織が、そういったサイトの標的にされては一大事です。そういったピンチの時こそ、逆SEO対策がとても重要になります。専門家にサポートを依頼すれば、誤情報を掲載するまとめブログ等の検索順位を、間接的にコントロール出来ますので、根も葉もない風評被害に困惑している方々は必ず利用を思案しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*