悪質ユーザー対策に不可欠な逆SEOについて

日本の国の良い所は、表現の自由が保障されている点です。ただ近年では表現の自由の印籠代わりにして、不当なバッシングや悪口を投稿するインターネットユーザーが急増しました。加えて既存の媒体も報道の品質が下がりました。憶測に基づいたニュースや評論を投稿するサイトも増加し、それによって自社のマーケティングやPR活動が阻害される事例が相次いでいます。特定の個人が繰り返す風評被害であれば、プロバイダに連絡すれば改善しますが、不特定多数の悪質ユーザーが投稿する悪口やバッシングには、なかなか効果的な対策が出来ません。そういった時は悪質ユーザーそのものを注視するのではなく、逆SEO対策で不当な行為に対抗しましょう。いわゆる応援サイトや中立サイトを、逆SEOサービスの専門家に制作してもらえば、相対的に悪質ユーザーの投稿記事やバッシング文章の存在感を無くせます。

匿名掲示板による不当な風評被害、逆SEOで対応を

匿名掲示板を日常的に利用する主婦や学生が急激に増え始めています。その掲示板に投稿される文章は、真偽の程が一目では理解出来ません。有益な口コミがある一方で、企業や特定サービスに対するネガティブなコメントも多々あります。一般的なクレームであれば、ユーザーの正当なコメントとして尊重すべきです。しかし、大企業憎しという意図のみで投稿される悪質なデマや悪口も多く、真偽を識別しないまま、ブロガーやネットユーザーが書き込みを拡散する事例があります。そういった厄介な風評には、それなりの対応を検討しなければいけません。逆SEO対策も有効な一手です。自社の製品やスタッフ、その他サービス等が匿名掲示板やネットユーザーによる不当なバッシングを受けている時は、必ず専門企業に相談しましょう。SEOの技術を応用すれば、ネガティブサイトのリスクを相対的にグッと落とせます。

悪質ブロガーに対応出来る、今流行の逆SEO。

いわゆるクレームは企業にとって大事な財産です。それを元に商品の再開発を進めれば、見事に弱点を克服出来ます。しかしネット上に投稿されるレビューの中には、正しくないクレームがあるのです。ブロガーがストレス発散のために、特定の商品を不当にバッシングするという行為が続発しています。悪質なブロガーの場合、自分の思い込みだけで記事を書く事があり、根拠無き陰謀やうわさ話をソースに、Blogを執筆しているのです。そういった悪質な情報源がネット上に横たわったままでは、自社のPR活動が成功しません。普通のSEO対策に加え、今流行の逆SEO対策も施しておいた方が賢明でしょう。悪質なBlogやコメントが検索サイトのトップページより姿を消せば、大半のユーザーはそれを見る事は無いです。専門家に応援ホームページやニュートラルなページを多数作ってもらえれば、効果的に逆SEOが実現するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*