誹謗中傷対策の逆SEO

インターネット上では様々な人が自由に書き込みをしています。掲示板などではそうした意見交換が一つの魅力となっており利用者が増えているわけなのですが、その弊害として誹謗中傷などが蔓延するというようなことがあります。会社や個人などに対する誹謗はそれの対策がなかなか難しいものです。たとえばそうした書き込みを削除要請するとそれによって余計に目立ってしまうというような例があり、削除要請は逆効果になってしまう可能性もあるのです。ですから、少しでも誹謗中傷が目につかないようにするためにも検索エンジンでの検索結果を低くするようにしたらいいわけなのです。そのために逆SEOというのが存在しているのです。こうした対策をすることで何らかのキーワードで検索を行ったときに、その検索順位が低くなって目にする機会を減らすことができるのです。

逆SEOで風評被害の拡大を防ぐ

逆SEOを行うことによって、何らかの誹謗中傷などが書かれているページを検索した時に下位に押しやることができるようになるのです。そうすることによって風評被害などを食い止めることができるようになるということなのです。このような誹謗中傷は掲示板などに書き込みをされることによって大きな被害をもたらすこととなってしまいますので早急の対策が必要なのです。しかし、そうした書き込みに対して削除の依頼を行ったとしてもきちんと削除をしてもらうことができるとは限らないのです。場合によってはそうした削除要請の理由などが公開されてしまって、よけにその中傷が目立ってしまうというようなこととなって、被害が拡大するというようなケースもあるのです。そのようなことがないように的確な対策を行うというようなことが大切なことなのです。

風評被害対策の逆SEO5

近年、インターネットの普及によって増えているのが店舗などの風評被害です。最近はこうした店などのサービスを利用した時にインターネット上の掲示板などでその評価を書きこむというようなことが増えています。まともな評価ならばそれで構わないのですが、場合によってはクレームに近いような事実ではないようなことが書かれるというようなケースもあります。このような書き込みのせいで顧客を失うというような恐れもありますので、きちんとした対策が必要ですそうした掲示板などでの書き込みに対する対策として取られることが多いのが逆SEOです。このような対策を取ることによって検索を行ったときにそうした書き込みのされているページをなかなかヒットしないようにするというような方法です。これによって、風評被害の拡大を少しでも防ぐことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*