逆SEOで、悪質な質問サイトユーザーに対応しよう

最近では、質問サイトを利用する学生や若いネットユーザーがいます。学術的な質問をする学生も居れば、商品購入に関する疑問を投稿する人々も多いです。ただ近頃、急激に増加しているのが質問サイトを悪用するネットユーザー達です。特定人物に対する嫌がらせを投稿したり、質問の形を取りながらも実質的には特定商品に対する一方的なクレームだったりと、モラルを欠いた利用者が増え始めています。弁護士や専門家の力を借りて、そういった不当な行為に対抗する経営者も現れました。正当なクレームと異なる、執拗なモンスタークレーマーには毅然とした対応が要ります。また法的処置とは別に逆SEO対策を施せば、安価な費用で対策が打てるでしょう。一般ユーザーがほぼ目を通さない検索順位まで、ネガティブサイトを下げられれば、風評は一気に収まります。

マーケティングの障害を取り除ける逆SEO対策。

ネットユーザーの大半が、検索サイトの1ページまでしか確認しません。つまり、勝負は1ページの中に自社サイトが載るか載らないかで決まるのです。そして近年懸念されるのが、不当なネガティブサイトの存在になります。多くのビジネスオーナーがそのサイトに振り回されているのが実情です。事実無根の悪評を掲載するBlog、誤情報ばかりを掲載するまとめサイト、そういったホームページは、正当な企業活動の邪魔になり兼ねません。ネガティブサイトが検索結果1ページに表示される場合、何らかの対抗策を打つ必要があります。自社の公式サイトのすぐ下にデマ情報を流すBlogやまとめサイトがヒットしては、ユーザーに誤解を与えるばかりですから、逆SEOの専門会社に知恵を借りてみましょう。悪質なホームページが検索結果の下位に落ちれば、1ページには自社に関する普通のホームページだけが表示され、マーケティングの障害を上手く除去出来ます。

検索サイトの関連ワード対策に使える逆SEO。

インターネット検索をする際、私達は必ず大手検索サイトを使います。今どきの大手検索サイトを利用すると、必ず関連ワードが表示されるのです。検索結果に関連するワードが大半を占めていますが、中には企業名や商品を打ち込めと、大変ネガティブなフレーズが表示される事例があります。近年ではそういった良くない検索結果、関連ワードによって風評被害が多発しているんです。大手検索サイトの管理者がある程度、コントロールしているものの、事実無根の関連ワードが表示される事例が相次いでいます。自分のBlogやお店に対する風評被害には迅速な対応策が不可欠です。大手検索サイトの関連ワードは多くのネットユーザーに見られるものですから、逆SEO対策を施す等、抜本的かつ効果的な処置が要ります。Blogの訪問者がめっきり減ってしまった、風評被害によって注文者が減少した、そういった時こそ、逆SEOの専門家の知恵と手腕を借りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*